スポーツスターとのダラダラ日記


by iwahirock

<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

久々の「オタク」ネタ。
1984年2月から1985年2月に渡って、土曜の午後5時半、
いわゆる「ガンダム時間」に放映されていたアニメ「重戦機 エルガイム」

その主役メカのプラモがバンダイから先日発売になりました。
バンダイといえば「ガンプラ」ですが、昔のロボットアニメの主役級メカを
発売しているのが「リアルロボット・レボリューション」シリーズという新たな
ラインです。
c0006028_13385519.jpg


第一弾は「レイズナー」という、これまた大昔のロボットアニメでした。

このロボットは「ヘビーメタル」という名称、ガンダムでいうところの
「モビルスーツ」にあたりまして、更に高性能機は「A級ヘビーメタ
ル」量産機は「B級ヘビーメタル」と分けられます(厳密にはもうち
ょっとディープな設定があります)

アニメ放映当時にもプラモは発売されていましたが、なんせ当時の
技術ですからプロポーション等々は満足いくものではありませんでした。

それが20年の時を経て、今の最新技術で発売です。
当時、毎週このアニメだけは必死に録画していた私だけに
涙物の発売です。

出来のほうも私的には完璧、鳥肌モノです。

ちなみにこのロボットの最大の特徴は「ムーバル・フレーム」という
人間の骨格にあたる部分がメカとして、しっかり設定されている所です。
c0006028_13382280.jpg


それが、その名称もそのままに「Zガンダム」に受け継がれていったのです。
足首の「シリンダー」や膝裏の「動力パイプ」「オイルライン」などは、この
エルガイムが元祖です。

メカデザインは当時24歳の永野 護という人でして、現在も
ファイブ・スター・ストーリーズを月刊ニュータイプで連載中。

この永野氏、Zガンダムでも当初はメカデザインを担当。
初期設定ではZガンダムもデザインしたのですが、当時としては
あまりに斬新過ぎたデザインのため、「ボツ」に。
そのデザインは「百式」に受け継がれました。
そのほかには「リックディアス」も彼のデザインです。

すいません熱くなりすぎました(笑)

エルガイム、知ってる人、少ないだろうなぁ。
c0006028_1339910.jpg

[PR]
by iwahirock | 2007-02-11 13:40 | ホビー
私のバイク、前輪のエアーが、結構抜けます。
根本的な対策は別として、セルフのガソリンスタンドにある
エアー・コンプレッサー。

これの使い方が良くわかりません。
バルブにコンプレッサーを押し当てると、「シュー」と
タイヤのエアが抜けてしまいますよね。

それに構わず、コンプレッサーのスイッチを入れれば
いいんですか?

あとは適正空気圧に合わせるにはどうしたらいいんでしょうか?

一度挑戦したのですが、空気が抜けただけで逃げ帰ってきました(笑)
[PR]
by iwahirock | 2007-02-09 12:46 | スポーツスター

チョップ・マスター

「空手チョップ」とは本来力道山オリジナルの技の名称である。

ラリアット(ラリアート)はスタンハンセンのみが名乗っていい技の
名前である。

我々のいう「チョップ」とは「余計なものを、すっ飛ばす」という
意味のチョップである。

しかながら、チョップという言葉を使う以上は、力道山にも敬意をはらう
べきである。

なんじゃそりゃ。
c0006028_1426768.gif

[PR]
by iwahirock | 2007-02-01 14:26 | スポーツスター

かおなし

毎朝、私も乗ってる通勤電車に父親と一緒に乗ってくる小学生がいる。
学帽を被り、制服を着込み、いかにも東京の有名私立に通ってます、
という様子。

つり革に(つかまれるのに)つかまらず、時々グラっとすると、「サッと」
父親が手を出して支える。

「過保護の典型」のような父親。子供に対して気をつかっているような
雰囲気さえ漂ってくる。

いつもその親子は私が座っている反対側の椅子の前に立つから
表情は見たことがなかった。

ところが先日、私の前にその親子が立った。
いつものようにつり革をつかまない子供。
グラッとすると、それを支える父親。

グラッとするたび、私の足にぶつかってくる。
「仏の顔は3度まで」の法則に則り、3度目に子供がぶつかってきた時に
子供をにらむ!!!

すると
その子供の顔には
表情がないんです!!!

大人に睨まれても、微動だに動かない顔。
目は乾いている。
子供独特の潤んだ瞳とは、かけ離れた眼。

この子は笑うことがあるんだろうか?と思わせる
その表情。

社会どころか家庭の中から、今の日本は壊れはじめて
るんじゃないのか。

世のお父さん、お母さん。
自分の子供には、たくさん言葉をかけましょう。
笑わせたり、怒らせたり。
喜怒哀楽を持たせましょう。
[PR]
by iwahirock | 2007-02-01 13:33