スポーツスターとのダラダラ日記


by iwahirock

君は「エルガイム」を知っているか?

久々の「オタク」ネタ。
1984年2月から1985年2月に渡って、土曜の午後5時半、
いわゆる「ガンダム時間」に放映されていたアニメ「重戦機 エルガイム」

その主役メカのプラモがバンダイから先日発売になりました。
バンダイといえば「ガンプラ」ですが、昔のロボットアニメの主役級メカを
発売しているのが「リアルロボット・レボリューション」シリーズという新たな
ラインです。
c0006028_13385519.jpg


第一弾は「レイズナー」という、これまた大昔のロボットアニメでした。

このロボットは「ヘビーメタル」という名称、ガンダムでいうところの
「モビルスーツ」にあたりまして、更に高性能機は「A級ヘビーメタ
ル」量産機は「B級ヘビーメタル」と分けられます(厳密にはもうち
ょっとディープな設定があります)

アニメ放映当時にもプラモは発売されていましたが、なんせ当時の
技術ですからプロポーション等々は満足いくものではありませんでした。

それが20年の時を経て、今の最新技術で発売です。
当時、毎週このアニメだけは必死に録画していた私だけに
涙物の発売です。

出来のほうも私的には完璧、鳥肌モノです。

ちなみにこのロボットの最大の特徴は「ムーバル・フレーム」という
人間の骨格にあたる部分がメカとして、しっかり設定されている所です。
c0006028_13382280.jpg


それが、その名称もそのままに「Zガンダム」に受け継がれていったのです。
足首の「シリンダー」や膝裏の「動力パイプ」「オイルライン」などは、この
エルガイムが元祖です。

メカデザインは当時24歳の永野 護という人でして、現在も
ファイブ・スター・ストーリーズを月刊ニュータイプで連載中。

この永野氏、Zガンダムでも当初はメカデザインを担当。
初期設定ではZガンダムもデザインしたのですが、当時としては
あまりに斬新過ぎたデザインのため、「ボツ」に。
そのデザインは「百式」に受け継がれました。
そのほかには「リックディアス」も彼のデザインです。

すいません熱くなりすぎました(笑)

エルガイム、知ってる人、少ないだろうなぁ。
c0006028_1339910.jpg

[PR]
by iwahirock | 2007-02-11 13:40 | ホビー